2016年 11月 28日

メジロ 1段絞ると

 旧サンヨンは1段絞ってf/5.6で使うようにしている。使い始めの頃は手ぶれ補正がないので、シャッタースピードを稼ぐために開放で撮影していた。でも、思うようなシャープさが得られなかった。そんな時、1段絞ればという情報に出会った。以後、ほぼf/5.6固定で撮り続けている。どんなに暗い場合でもf/4で使うことはない。

メジロ 2015年12月31日撮影
e0362140_23103350.jpg
Nikon D7100 300mm f/4D 1/500s f/5.6 ISO160


[PR]

# by otisbird | 2016-11-28 22:54 | メジロ | Comments(0)
2016年 11月 27日

アトリ アオゲラ 11月27日

今日の鳥。アトリ、アオゲラ。2016年11月27日撮影。

アトリ 木のうろで水を飲んでいます
e0362140_14580410.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/250s f/5.6 ISO1600

アオゲラ アトリと同じうろに
e0362140_14581232.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/250s f/5.6 ISO1600

[PR]

# by otisbird | 2016-11-27 15:06 | アトリ | Comments(0)
2016年 11月 27日

ルリビタキ アオジ ミヤマホオジロ 11月26日

今日の鳥。ルリビタキ、ミヤマホオジロ、アオジ。2016年11月26日撮影。
ミヤマホオジロは暗いところで採餌。シャッタースピードが上がらずほぼ全滅。腕がまだまだか。

ルリビタキ 雪の残る林道脇で
e0362140_23531641.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/320s f/5.6 ISO200

ルリビタキ 枯れ枝がお気に入りのようです
e0362140_15252629.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/250s f/5.6 ISO800

アオジ ヤマノイモの葉っぱと並んでみました
e0362140_23564965.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/400s f/5.6 ISO800

ミヤマホオジロ どこにいるの?これが奴らの狙いか
e0362140_23573996.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/200s f/5.6 ISO800

[PR]

# by otisbird | 2016-11-27 00:03 | ルリビタキ | Comments(0)
2016年 11月 25日

クロジ 手ぶれ防止は一脚で

 暗い林の中での撮影がどうしても多くなる。ISO感度は上げたくないので、どうしてもシャッタースピードを遅くしなければならない。手ぶれ補正機能がない旧サンヨンはどうしても不利だ。三脚を使えば解決するのだが、電車と徒歩でフィールドを移動する私にとって三脚は重荷だ。そこで登場するのが一脚。最近、一脚派が増えているようで、フィールドでもよく出会うようになった。一脚を使うようになって手ぶれが少なくなり、自分なりに満足のいく写真が撮れるようになった。一脚を使い始めて間もなく撮れたクロジ。1/100s!

クロジ 2015年02月11日撮影
e0362140_23365723.jpg
Nikon D7100 300mm f/4D 1/100s f/5.6 ISO200

[PR]

# by otisbird | 2016-11-25 23:31 | クロジ | Comments(0)
2016年 11月 24日

フィールドの相棒 旧サンヨンへのエール

 AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED 言わずと知れたニコンの名レンズ。近頃、フィールドではこのレンズと出会うことが少なくなった。新型のサンヨン300mm f/4E PF ED VRが発売され、さらに、200-500mm f/5.6E ED VRが発売されたのを機に乗り換えた人が多いのだろう。サンヨンといえばこのレンズだったが、新型のおかげで「旧」という有難くない冠名を頂戴することとなってしまった。しかし、ニコンのカタログには今も堂々と載っている現役のレンズだ。これは、旧サンヨンが素晴らしいレンズなのでカタログから外せないのか、それともEタイプのレンズが使えないカメラのために仕方なく残しているだけなのか?前者だとうれしいのだが...。

 今更なんで「旧サンヨン」と言われそうだが、旧サンヨンの良さを再認識したことが、このタイトルでブログを始めた理由だ。実は何を隠そう私も200-500に浮気をしてしまったのだ。しかし、単に腕が悪いだけかもしれないが、200-500の写りに満足ができず、旧サンヨンに戻ってきてしまった。多くの人が評価するように200-500は確かにシャープな写りだった。しかし、そのぼけ味には満足できなかった。被写体はきっちり写っても、ぼけが全体をつまらなくしている気がするのだ。その点、旧サンヨンのぼけ味は最高だ。柔らかく、美しい。被写体をさらに際立たせてくれる。

 手ぶれ補正なし、ナノクリなしと使いこなすにはやや難あり。だが、慣れれば素晴らしい写真が撮れる。頼もしいフィールドの相棒だ。

秋色のチョウゲンボウ 2015年11月22日撮影

e0362140_23330279.jpg
Nikon D7100 300mm f/4D 1/640s f/5.6 ISO200


[PR]

# by otisbird | 2016-11-24 21:33 | チョウゲンボウ | Comments(0)