人気ブログランキング |

旧サンヨン野鳥撮影放浪記

otisbird.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 17日

オオタカ 06月16日-3

今日の鳥。オオタカ。2019年06月16日撮影。
私がここでオオタカのオスを見たのはこの日が最後になってしまった。
友人の話によると6月22日を最後に姿を見せなくなったとのことだ。
つらいことだが、オスがいなくなった時点で、残された3羽の幼鳥たちの運命は決まっていた。

子どもたちに何度か獲物を持って来ると水浴びにやってきた
e0362140_22223810.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/1600s f/5.6 ISO250

彼にとって狩りの疲れを癒す至福の時間だったように思う
e0362140_22241521.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/500s f/5.6 ISO400

彼に何があったのだろうか? 何らかの事故で落鳥してしまったか
e0362140_22271043.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/500s f/5.6 ISO400

水浴びの後、エンジュの木でのんびりと羽を乾かしていた これが私にとって最後のシーン
e0362140_22304608.jpg
Nikon D500 300mm f/4D 1/500s f/5.6 ISO400

幼鳥が飛べるようになると、オオタカのメスは子育てから離れてしまう。
オスが給餌しながら、幼鳥を育てていく。
オスがいなくって間もなく一ヶ月。
先日1羽が死んでしまったが、不順な天候の中で、幼鳥たちはよく生きてきたものだと思う。
メスが時々戻ってきて食事を与えているので、何とか生きているようだ。
だが、それは十分な量ではなく、15日には1羽の幼鳥が地面にうずくまるところに出会った。
幼鳥たちが生き残る可能性はないだろう。自然界の掟とは言え、つらいものだ。


by otisbird | 2019-07-17 22:57 | オオタカ | Comments(4)
Commented by hayabusa-bird at 2019-07-17 23:07
先日は、大変お世話になり、ありがとうございました🙇

自然界の摂理とはいえ、とてもつらいことになりそうで、とても暗澹たる気持ちです。

親から狩りの仕方を学んでいないとなると、もう動物園などに 保護されて生きるしかないのかもしれませんね😭 😭

今は、この兄弟の無事を願ってやみません🙇
Commented by otisbird at 2019-07-17 23:30
hayabusa-birdさん
先日はぱっとしない天候の中、お疲れ様でした。
状況が状況なだけにつらいですよね。
だからこそ、私たちは、彼らにもっと敬意を払わないといけないのでしょう。
Commented by masa at 2019-07-18 16:53 x
先日話は人づてに聞きました。この場川の名入りのブログをUPした

馬鹿カメがいますのでこのブログをみて相模川から車とばすひとが

多くいます。互いに場所をメールで知らせていたようです。

相模川付近にはいくらでもいますが観察はしないで遠征して写すだけ

のようで自慢しあう。

このようなことが影響しているのではとおもいます。
Commented by otisbird at 2019-07-18 21:45
masaさん
難しい問題ですね。
ブログに場所を載せなくても、今はLINEなどで情報がどんどん伝わってしまいます。
秘密にすることなんて、ほとんど不可能でしょう。
マナーさえ良ければ、公園の中ですし、少々人が集まるのは問題ないと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ヨシゴイ 07月21日      モズ 06月16日-2 >>